【先行予約】DJI Transmission

DJI Transmission DJI Transmission DJI Transmission DJI Transmission
定価 メーカー希望小売価格
取扱説明書 下記よりダウンロード
DJI Transmission ダウンロード
同梱物 ※同梱物はメーカー都合により変更となる場合があります。
最新情報はメーカー公式オンライストアの各商品ページにてご確認ください。
販売価格

価格 286,000円(税込)

 

【動画紹介】

【製品紹介】

DJIの空撮用の映像伝送技術をもとに生まれたDJI Transmissionは、映像レシーバー、モニター、コントローラー、レコーダーを 組み合わせた一体型ソリューションを提供します。
Roninシリーズ製品やDJI Master Wheelsとの使用を想定して設計されているため、完全に統合された画期的な伝送性能を発揮し、映像業界に革新をもたらします。

伝送性能

新たな扉を開く

 
HDライブ映像を長距離伝送

DJI Transmissionは、O3 Pro映像伝送技術を採用し、最大伝送距離6 km[1]の地上伝送を実現します。また、最大ビットレート50Mbpsでの1080p/60fps動画伝送や16-bit 48 kHzでのライブ音声モニタリングに対応。スケールの大きな撮影現場でも、高品質の映像・音声遠隔モニタリングを可能にします。

終点間の超低遅延伝送

映像トランスミッターとレシーバー内蔵の遠隔高輝度モニターには、DJI Ronin 4Dと同じチップが採用されています。接続性能が最適化され、ALEXA Mini LFのようなシネマカメラとペアリングする時でも、終点間の超低遅延伝送を実現します。

シームレスな自動周波数ホッピング

O3 Pro映像伝送技術は、従来の2.4 GHzと5.8 GHzの周波数帯に加え、DFS(動的周波数選択)を追加。最大23チャンネルから選べるので、プロの撮影クルーは、現地の規制を遵守した、干渉のない伝送チャンネルを利用できます。また、DJI Transmissionは、3種類の周波数帯間の自動周波数ホッピングに対応し、電磁環境を自動的にスキャンして、最適な無線チャンネルに切り替えます。
 
さらに、内蔵の周波数掃引ツールを使って、最適なチャンネルを手動で選択して、デバイス間の干渉を回避することもできます。
 
高利得アンテナ[2]を取り付けると、伝送性能はさらに向上します。

1つのトランスミッターから複数同時受信

高輝度遠隔モニターを複数使用すると、1つのトランスミッターから複数のレシーバー(モニター)へ映像と音声を伝送することができます。この機能は、以下の2種類の伝送モードで利用できます。
DJI Transmissionが最適な伝送性能を発揮する制御モードでは、2つのレシーバー上で同時にモニタリングしながら、レシーバーを使ってRonin 2、RS 3 Pro、そしてカメラフォーカスを遠隔から操作することができます。
 
 
照明や美術、小道具を担当するスタッフなど、複数のメンバーやチームで撮影する場合は、制御モードよりも配信モードが適しています。
このモードでは、映像を受信するレシーバーの数に上限はなく、より多くのクルーと映像を共有でき、撮影効率を格段に向上します。(伝送性能は制御モードと同じではありません)

暗号化された安全な映像伝送

DJI Transmissionは、安全性の高いペアリング機能とAES 256-bit暗号化技術に対応し、ユーザー情報への不正アクセスを防ぎます。また、DJIが独自開発したチップと伝送プロトコルにより、DJI Transmissionは非常に高い安全性を確保し、撮影した映像を保護します。

モニタリング体験

ビジョンが広がる
一体型設計
従来のモデルと異なり、DJI Transmissionは、高輝度モニターにレシーバー機能が内蔵されているため、携帯性が向上し、効率的にセットアップでき、どんな撮影現場でも素早く撮影を開始できます。

遠隔モニターには、Ronin 4Dと同じ画像処理チップが内蔵されています。これにより、遠隔モニターはモニタリング以外にも様々な機能に対応し、一台でレシーバー、コントローラー、レコーダーの役割も果たし、撮影の効率性を高めています。
広色域のタッチ画面
高輝度遠隔モニターは、7インチの広色域タッチ画面を搭載し、最大輝度は1500ニトを誇ります。強化ガラスを使用したスクリーンプロテクターとプロ向けモニターフードが同梱され、非常に明るい照度環境下でも、豊富で忠実な色合いを表示します。

1920×1200の解像度を持つ画面は、オンスクリーンディスプレイ (OSD)機能に対応し、撮影パラメーターのような視覚詳細情報を表示するため、必要な情報に簡単にアクセスでき、シームレスなモニタリングを実現します。
サポートツール
遠隔モニターは、セーフティゾーン、フレームガイド、ゼブラストライプ、フォルスカラー、ピーキング、ウェーブフォームといったサポートツールに対応しているため、正確な構図合わせや露出、フォーカス調整が可能です。

独立した録画・再生機能

遠隔モニターにはmicroSDカードスロットが搭載され、1080p/60fps H.264ライブ映像の録画や再生が可能です。また、同時に動画のタイムコードにアクセスできるため [3]、撮影現場で簡単にプロキシファイルを編集できます。複数の遠隔モニターを併用する場合は、他のモニターを干渉することなく、各モニターで別々に映像を録画したり、再生したりすることができます。

幅広い制御オプション

拡張するDJIエコシステム

モーションコントローラー

高輝度遠隔モニターはジャイロセンサーを内蔵しているため、アクセサリーを追加しなくても、単独でモーションコントローラーとして使用でき、Ronin 2やRS 3 Proを制御することが可能。これにより、動いている車での撮影やジブを使った撮影などで、より複雑なカメラワークに対応できます。

Ronin 4D ハンドグリップに対応

高輝度遠隔モニターには拡張用保護フレームがあり、様々なアクセサリーを取り付けられます。Ronin 4D ハンドグリップ[2]をモニターに取り付けると、ジョイスティックでRonin 2やRS 3 Proのジンバル制御、フォーカスホイールを使ったフォーカス調整、絞りやシャッター、ISOなどのカメラパラメーターの調整が可能です。また、録画ボタンで録画の開始・停止も操作できます[4]。RS 3 Proユーザーでも、Ronin 4Dのような撮影を体験できます。

DJI Master WheelsやDJI Force Proに対応

Ronin 2またはRS 3 Proを使った撮影時に、DJI Master WheelsやDJI Force Pro[5]を遠隔モニターと併用すると、より精度の高いジンバル制御が可能になります。これは、送信源となる機材がDJI Transmissionを介して制御信号を直接送信するため、DJI Master WheelsまたはDJI Force Proの無線信号を利用する必要がないためです。これにより、伝送性能が3倍強化され、信号の伝送範囲、安定性、耐干渉性が向上しています。

ミラーリング操作モード

RS 3 Proがジブ、ケーブルカム、車体に取り付けられている時、ミラーリング操作モード[6]を使えば、撮影現場のどこからでも、Sony製ミラーレスカメラのメニューを遠隔操作することができます。

ポート&電源供給

オールインワン設計
transmission_3_20220622172024578.jpg transmission_18.jpg transmission_19.jpg
transmission_3_20220622172024578.jpg transmission_18.jpg transmission_19.jpg transmission_23.jpg transmission_24.jpg transmission_25.jpg transmission_26.jpg
transmission_3_20220622172024578.jpg transmission_18.jpg
transmission_3_20220622172024578.jpg transmission_18.jpg transmission_19.jpg transmission_23.jpg

* DJI Transmissionは、2022年9月発売予定です。
1. 制御モードを使用し、FCCに準拠した、干渉のない標準的な環境で測定。(日本国内:4 km)
2. 別売になります。
3. 後日対応予定です。
4. カメラ制御ケーブルが必要です。対応のカメラモデルに関する詳細は、対応カメラ一覧を確認してください。
5. 別売になります。
6. 対応のカメラモデルは、公式サイトのスペックページで確認してください。
7. これらの機能を使用するためには、追加アクセサリーを別途購入する必要があります。

 【同梱物】

映像トランスミッター
高輝度遠隔モニター
遠隔モニターフード
WB37 バッテリーアダプター
(TX)
WB37 インテリジェントバッテリー
×2
WB37 バッテリー充電ハブ
(USB-C)
NP-F バッテリーアダプター
(TX)
NR-F バッテリーアダプター
(RX)
USB-C - LEMO
電源ケーブル
RS ジンバル取付プレート
USB-Cケーブル
SDI ケーブル
DC 電源ケーブル
DC - P-TAP
電源ケーブル
取付ツールキット
保護ケース
Ronin 映像伝送アンテナ
×2

 
 
 

 【関連商品】

 

DJI

映像トランスミッター

129,800円(税込)

【スペック】

仕様
重量 映像トランスミッター 重量:約350 g(アンテナ除く)
高輝度遠隔モニター 重量:約727 g(アンテナ除く)
サイズ 映像トランスミッター:127×87×26 mm(長さ×幅×高さ、アンテナ除く)
高輝度遠隔モニター:213×135×51 mm(長さ×幅×高さ、アンテナ除く)
動作周波数 非DFS周波数帯:
2.400~2.484 GHz
5.150〜5.250 GHz
5.725〜5.850 GHz:
 
DFS周波数帯:
5.250〜5.350 GHz
5.470〜5.600 GHz
5.650〜5.725 GHz
伝送電力 (EIRP) 2.400〜2.484 GHz:
<33 dBm (FCC)
<20 dBm (SRRC/CE/MIC(日本))
 
5.150〜5.250 GHz:
<23 dBm (FCC/SRRC/MIC(日本))
 
5.250〜5.350 GHz:
<30 dBm (FCC)
<23 dBm (SRRC/MIC(日本))
 
5.470〜5.600 GHz、5.650〜5.725 GHz:
<30 dBm (FCC)
<23 dBm (CE/MIC(日本))
 
5.725〜5.850 GHz:
<33 dBm (FCC/SRRC)
<14 dBm (CE)
最大帯域幅 40 MHz
最大ビットレート 50 Mbps
消費電力 11 W
電源電圧 6 ~ 18 V
出力電圧 出力ポート:6 ~ 18 V
動作時間 映像トランスミッター:3時間40分[1]
高輝度遠隔モニター:2時間[1]
入力動画フォーマット 3G SDI:YCbCr 4:2:2 10ビット
HDMI RGB 4:4:4
1080p:23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60fps
1080i:50/59.94/60fps
720p:50/59.94/60fps
出力動画フォーマット 3G SDI:YCbCr 4:2:2 10ビット
1080p:23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60fps
1080i:50/59.94/60fps
720p:50/59.94/60fps
入力音声フォーマット SDI(エンベデッド対応)、HDMI(エンベデッド対応)
出力音声フォーマット PCM
映像伝送システム O3 Pro
最大動画ビットレート 50 Mbps
映像伝送遅延 68 ms[2]
100 ms[3]
動画コーディング形式 H.264
最大伝送距離 6 km (FCC)[4]
4 km (CE/SRRC/MIC(日本))[4]
最大帯域幅 40 MHz
動作環境温度 -10℃~45℃
ミラーリング操作モード対応 カメラモデル Sony製カメラ ZV1/A7 III/A7S III/A7M III/A7R III/A7R IV/A7 IV/FX3/A7S II/A6600/A6400 とブラビアリンク(HDMI機器制御)に対応している全てのSony製カメラ。

1. 室温(25℃)環境下で、完全に充電されたWB37バッテリーを使用して測定。
2. 1080p/60fps動画を撮影時に測定。
3. 1080p/24fps動画を撮影時に測定。
4. 障害物や電波干渉のない開けた場所で測定。

【おすすめ商品】

djicpfpv1.jpg n_1157985p3.jpg n_1157978p2.jpg n_1157948p1.jpg

MAVIC3

その映像は、全てを凌駕する

数々の歴史的瞬間を見つめてきたHasselbladのカメラを携え、Mavic 3は、全方向障害物検知で安定した飛行を確保しながら、息を呑むような映像を捉えることができます。
あらゆる機能が進化し、空撮の新たなスタンダードを築き上げます。
さあ、全てを凌駕する映像を、このMavic 3で捉えよう。

 

DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro DJI Mini3 Pro

DJI MINI 3 PRO

ミニ。でも、プロ

携帯性抜群のミニドローンDJI Mini 3 Proは、そのサイズからは想像できないほどパワフルです。重量249 g未満の軽量ボディに、1/1.3インチセンサーとプロレベルの撮影機能、そして、Miniシリーズ史上最高の安全機能を搭載した、ユーザーフレンドリーで高性能なこのドローンは、今までのミニサイズドローンのイメージを覆します。

 

 

DJI FPV

飛行の新次元へ

スピーディーでパワフル
疾走しよう、その先の飛行の新次元へ
 
詳しくはこちら

 

MAVIC AIR 2S

すべては、その一瞬のために

600g以下のコンパクトボディ
究極の使いやすさを実現
 
詳しくはこちら

 

DJI MINI2

飛び出そう、ワクワクする世界へ

4K動画撮影&ズーム対応
航空法対象外の199gドローン
 
詳しくはこちら

 

 PHANTOM 4 PRO V2.0

あらゆる人を、空撮のプロフェッショナルへ

プロレベルの空撮映像を撮影する為に
必要な機能を備えたドローンです
 
詳しくはこちら

製品案内

新商品

ベストセラー

熊本県ドローン技術振興協会
指導員としてサポート致します。


一般財団法人 熊本県ドローン技術振興協会の安全講習会にて、指導員を務めさせて頂いております。現在ドローンは産業用機械としての進歩は、めまぐるしいものがあります。測量・点検・撮影など今後も色々な業界で活躍するドーロン。飛行技術の向上や、実際の現場での飛行に役立つ情報、最新の機体・不具合情報などいち早くお届けすることができます。
 

国土交通省認定「技能認定試験」実施について
「無人航空機技能認証試験講習」について


一般財団法人熊本県ドローン技術振興協会は6月中旬より、国土交通省の方針に則った、 「無人航空機技能認証試験」講習を行い、実技試験に合格した方に、「無人航空機技能認定証」を発行いたします。